乳首の黒ずみと乳輪の黒ずみ

乳首の黒ずみ、乳輪の黒ずみの原因

乳首や乳輪が黒くなってしまう原因は、人間の体の仕組みが実は原因で、人間は、紫外線や外からの刺激から身を守る為にメラニン色素を生成します。日本人の髪の毛が黒いのも、この黄色人種特有の頭皮を紫外線から守る為に黒くなっています。

 

このメラニン色素、ホルモンバランス等とも大きく関係し、妊娠や出産等によってホルモンバランスが大きく変わる時も沢山生成されます。それから、人間の肌は古い角質が落ちて新しい角質へと変わるサイクルがあります。よく、お顔のターンオーバーなんて言葉を聞かれた事があると思いますが、この乳首や乳頭も角質はターンオーバーしています。

 

このターンオーバーのサイクルが悪くなってくると、顔の肌もくすむ様に、乳首や乳輪も黒くなってしまうのです。

 

そして赤ちゃんへの授乳によっても乳首が授乳時の刺激によって黒ずんでしまいます。

 

これが乳首や乳輪が黒くなっていく原因です。

 

あとはアトピーの方の場合も、色素沈着がしやすくなってしまいます。

 

乳首や乳輪が黒くなってくると、自分だけしかいつも見ないならまだいいのですが、パートナーや、お友達と何日か旅行に行ったりする時、温泉等を拒む事も難しかったりして、仕方がないといえど、デリケートな部分が黒ずんでしまうと恥ずかしく感じてしまう方も多いです。

 

実際、美容外科クリニック等でも、乳首や乳輪の黒ずみにコンプレックスを感じて訪れる方が実はとても多いのも事実で、あなただけではなく多くの方々が、人には言いにくい深い悩みを抱えていらっしゃいます。

 

今より黒ずみがひどくならない様にするには

まず、胸のサイズに合う下着を選ぶのはとても大事です。少し余裕があったりすると下着からの摩擦でメラニン色素が発生して行きます。サイズをしっかり測ってもらって正確なサイズでまた、黒ずみが気になる場合は、やわらかくていい素材でできた下着を選ぶと良いでしょう。

 

またターンオーバーが悪くなるもの黒ずみの原因ですが、あまりゴシゴシしすぎると逆に余計にメラニン色素が発生してしまいます。かといって洗うのを控えるとターンオーバーが悪くなりますので、お肌を洗顔する時と同じ要領で泡で優しく洗って不必要な角質を落としてあげて、正常なターンオーバーになる様にケアしてあげる事も大事です。

 

また肌のターンオーバーをよくする為には、適度な運動で毛細血管の血流をよくする事、そして、バランスよい食事が大事です。マルチビタミン等のサプリメントを取るとともに、ビタミンCやビタミンE、βカロチンをしっかりとる様に心がけて下さい。

 

ただしここで1つ注意が必要なのが、ビタミンというと酸っぱいものをイメージしたりしますが、レモンやライム等野菜等にも含まれてるものがありますが、ソラーゲンという成分が含まれる食べ物は逆に、光を浴びるとシミやくすみができやすくなりますから、ソラーゲンが入ってない事を確認して食事で採取なさって下さい。

 

また夏場の海やプール等も注意なさって下さい。
水着を付けていても、紫外線は水着を潜り抜けて乳首や乳輪に入って来ます。また水着ではない通常の洋服でも、外からの直射日光にできるだけ当たらない様に日傘を使う事、更に、目も紫外線を感じると、体を守る為にメラニン色素を沢山生成しようと働きかけますので、サングラスをかける事が、目を守るだけではなく、乳首の黒ずみや乳輪の黒ずみを抑えて行ってくれます。

 

また過度なダイエットによる食事制限、ストレス、そして夜更かしや仕事のし過ぎ等で睡眠不足になってしまうと女性ホルモンが乱れて行きます。

 

女性ホルモンのバランスが乱れたり崩れたりしてしまうと、これもまた乳首の黒ずみや乳輪の黒ずみがひどくなって行きますので、無理をしない十分な睡眠をとる事もとって、ストレスを貯めない事もとってもこれ以上ひどくならない様にする大事なポイントでもあります。

 

刺激させない、太陽の光に必要以上に当たらない、ホルモンバランスが崩れる原因を作らない、これが、あなたの乳首の黒ずみや乳輪の黒ずみをひどくさせない、あなたがスグに意識を変えればできる対策の1つになります。

 

乳首の黒ずみや乳輪の黒ずみを改善したい場合

普段ずっと誰にでも見られてるという訳ではないですが、見られる事がある時にはできるだけピンクに近い色にしておきたいもの。

 

乳首の黒ずみになりにくいのは分かったけど、今の黒ずみを少しでもピンク色に近づけたいと思う場合が多いと思います。

 

特に男性の場合、そんなの気にしたい。黒に近いこげ茶色でも良いという人は100人中3人位しか居ないのです。

 

ですから今の乳首や乳輪のくすみで悩んでいるなら、乳首の黒ずみ乳輪の黒ずみ専用のお手入れクリームを使うのがベストです。

 

美容外科等で治すという方法もありますが、値段もそこそこしますし、病院に行く必要がありますので、まずはクリームで試してそれで改善できるなら、それに越したことはありません。

 

沢山の人が使ってるバストケアに使えるクリームのランクングは以下になります。